IT関連事業においては起業する業界としてもメリットの多い業界と言える。
パソコンやインターネット環境があれば仕事が成り立つ場合もあり、初期投資が少なく仕入れも必要ないため、リスクが少ない業界かもしれない。
起業する上でIT関連サービスの内容にもよるが、プログラマーを雇用する必要があるのかと言う点でアウトソーシング活用を検討すると不要論が成り立つ場合もあるだろう。

IT関連サービスのアイディアを持っていれば、それに伴うシステム構築などにおいては、アウトソーシングでプログラミングしてもらえる方を探して制作させれば、人件費などの固定経費を削減する事にもつながり、リスクを抑える事が可能だ。
起業される方がプログラミングなどができる場合には、他のプログラマーを雇用しなくても仕事が成り立つ事もあるため、不要と言えるかもしれない。
しかしサービス提供によっては急な事態に対処するためにも、プログラマーの必要性が出てくる可能性があり、運営などをしていくものに関しては、常に利用者に快適に利用してもらうための環境提供のために必要だろう。

会社規模や資本金にもよるかもしれないが、苦しい状況でもない限り専門家を雇用しておく事は必ずしも無駄とは言えない。
アプリの運営やシステムを構築したクライアント企業のアフターケア、ソフトウェアにおける不具合修正など必要な場面は多くあり、それぞれの提供するサービスによってその必要性は変化する。