いま、プログラミングを専門とするプログラマー達に危機的状況が訪れている。
IT業界に慢性化している人材不足を解決する手段として活用が広がるオフショア開発によって、将来的に国内プログラマーが不要となるのではないかと危惧されているのだ。
企業にとって、開発コストをいかに削減するかは大きな課題であるため、人件費の安い、中国やベトナムなどアジア圏への発注が増加している。
オフショア開発の最大の問題点であった言葉の壁も、最近では解決されつつあるため、国内のプログラマーにとっては不利な状況が続いている。

オフショア開発の他に、プログラマー不要論の根拠とされているのは、皮肉にもITの進歩がもたらした革新的な技術だ。
学習能力を持つ人工知能AIの進化は目覚ましい。
信頼性について疑問視する声もあるが、従来人間が行っていた仕事を、人工知能に任せるケースも増えている。
プログラミングのように、法則を覚えて、組み合わせる作業は人工知能が最も得意とするため、人がプログラミングを行うより、はるかに効率的ではないかと考えられているのだ。

以上のような点から、プログラマーという職種の需要が減っていくのではないかと懸念されている。
とは言え、オフショア開発には、現地スタッフのコントロールという難しい問題もあり、意思疎通がうまくいかなければコスト削減という目的を果たすことはできない。
また、活用が進む人工知能だが、人間のようなクリエイティブな発想ができないという難点も解決には時間がかかりそうだ。
今後も議論が加熱しそうなプログラマー不要論。
興味を持たれた方はプログラマー不要論はあるけれど……。を参考にしてみると良いだろう。