プログラマーの大半は非正規で働いているが、運良く正規雇用を勝ち取ることができたなら、将来的には管理職ポストを目指すことも可能だ。
だいたいどこの会社でも、35歳あたりで管理職方面へ進むか、そのまま現場で腕を磨き続けるかの選択を迫られることとなる。
管理職になってしまえば、毎日のハードな現場業務が不要になる可能性は大きい。
自分は上から人に指示を出しているだけでいいので、体力的には楽ができる。
体力的に楽なら、その分長く働くことも楽になるわけだ。

ただ、もちろん責任はより重くなり、転職も容易ではなくなる。
その点が大きなデメリットだと感じるかどうかで、進路を選択していくのがベストである。
管理職の重要性は、言うまでもない。
どういった人が上に立っているのかで、その部署やプロジェクトの質が左右されるからだ。
いい会社の伸び盛りの部署には、必ずと言っていいほど優秀な管理職の人がいるものだ。
現場の人間を大事にして、面白い企画を思いつき、最後には自分で責任を取れる人材は、どこの会社ででも重宝される傾向にある。
小さい会社なら、そのまま上役にまで上り詰めることも可能だ。

どちらにせよ、リスクはあるので、自分の好みで決める人が多いのが現実である。
若い人の中には上昇志向を持つ人が少なく、末端の現場員のままでいいという人が多くなっている。
確かに、専門的なプログラミング能力を磨き続けて行けば、最終的には自分一人でフリーになって稼ぐこともでき、メリットは大きい。