今まで、IT業界とは全く違う職種で仕事をしてきた人の中には、「IT業界であれば、将来性ある仕事があるだろう」と感じている人が多いだろう。
IT業界は、凄まじい勢いで変化してきているため、「IT業界へ転職すれば、今後仕事に困ることはないだろう」と感じている方も多い。
その反面、いざ転職をするとなればその職種の将来性が気になるだろう。

現在、IT業界では慢性的な人材不足が続いている。
「どうして、そんなに人材不足になっているのだろう?」と、不思議に思われる人も多いと思うが、IT業界では進化が早いため、なかなか良い人材が育っていないのが現状だ。
そのため、一人一人にかかる仕事負担が大きくなり、過酷な環境で仕事をしている人が少なくない。
当然、仕事環境が悪いとなれば、辞める人も増えることになるだろう。
ということは、逆に考えればプログラマーの仕事は必要性が高く、多くの人材が求められているとも言える。
どの企業でも、仕事環境の整備をはじめているため、今後は働きやすい環境になることも期待出来るだろう。

他業種と比べれば、専門職ということもあり収入設定も高いところが多い。
経験を積んでいけば、責任ある仕事を任されたり、やりがいある大きなプロジェクトに参加することも出来るだろう。
そうなれば、プログラマーの仕事はどんどん楽しくなるのではないだろうか。
転職を考え、プログラマーへの道を検討している人は、仕事への厳しさは覚悟しておく必要があるだろう。
しかし、やればやるほど知識や経験が増え、大きな仕事に携われるプログラマーの仕事はやりがいを感じることが出来る。
人材不足が続いている今だからこそ、プログラマーへの転職は魅力的ではないだろうか。